郵便切手料金の一覧!2017年の改正は?はがき・封筒/封書の値段について

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




2017年に郵便切手料金が改正したの?

2017年6月1日に郵便局の配達している、郵便はがき・定型外郵便物・ゆうメールの料金が、改正して値上がりしました。今は、ヤマトなども相次いで値上げをしているので、郵送料が業界全体で高くなっていますね。

値上がり対象ではないものもあります。年賀はがき・定形郵便物の料金は変わりません。

ではここから、

  • はがき
  • 定型郵便(封筒/封書)
  • 定型外郵便

の料金をそれぞれ見ていきましょう。

はがきの料金

先ほどお伝えしたように、通常のはがきは値上がりしています。

以前は、52円でしたが、改正で10円値上がりをしていて、以下の料金となっています。

  • 通常はがき:62円
  • 年賀はがき:52円
  • 往復はがきの:124円

定型郵便の料金

はがき以外によく郵送するものとしては、手紙などを封筒に入れて送る場合があると思います。そんな封書や封筒を送る際に用いられるのが「定型郵便」。

ただし、どんな封筒や封書が定型郵便で送ることが出来る、という訳でもなく、定型郵便で送ることが出来るものには、既定の「重さとサイズ」が有ります。ちなみにサイズは、中の手紙や書類ではなく、封筒のサイズですのでお気をつけ下さい。

その規定ですが、

  • 50g以内で
  • 最大が、縦:横:高さ=23.5cm : 12cm: 1cm
  • 最小が、縦:横=14cm : 9cm

の郵便物です。以下の絵を参考にしてください。

最大の場合↓

参照:http://www.post.japanpost.jp/service/standard/one_size.html

その定型郵便ですが、2種類の値段が有ります。

  • 25g以内:82円
  • 50g以内:92円

です。

自分で切手を用意して送る場合には、しっかりと重さを量って値段通りの切手を貼るようにしましょう。

定型外郵便の料金

先ほどご紹介したのは「定型郵便」でしたが、今回は「定型外郵便」です。その名の通り、

定型郵便の重さとサイズ以外のものが、定型外郵便となります。

ちょっとややこしいのですが、定型外郵便にも2種類あり、「規格内」と「規格外」というものです。

もう一度「封書・封筒」の種類をまとめるとこんな感じですね。

  • 定型郵便
  • 定型外郵便
    • 規格内
    • 規格外

それでは、規格内と規格外の重さとサイズと、料金を見ていきましょう。

規格内のサイズと重さと値段

  • 重さが1kg以内
  • 最大は縦:横:高さ=34cm : 25cm : 3cm
  • 最小は、円筒形であれば、直径が3cm 長さが14cm
    • それ以外であれば、縦:横=14cm : 9cm
    • これより小さなものでも6cm×12cm以上の耐久力のある厚紙または布製のあて名札を付ければ差し出すことができまる

です。以下の図も参考にしてください。

最大の場合↓

参照:http://www.post.japanpost.jp/service/standard/one_size.html

料金ですが、パターンがいくつかに分かれていますので、表でご紹介します。

重量 料金
50g以内 120円

規格外のサイズと重さと値段

  • 重さが4kg以内
  • サイズですが計算方式が有ります
  • 最大の場合 縦:高さ:横=A:B:C だとすると、A=60cm で、A+B+C=90cm
  • 最小は規格内と同様で円筒形であれば、直径が3cm 長さが14cm
    • それ以外であれば、縦:横=14cm : 9cm

最大の場合↓

参照:http://www.post.japanpost.jp/service/standard/one_size.html

値段は以下のように重さで分かれています。

重量 料金
50g以内 200円

切手が不足の場合は?

見ていただくと分かる通り、郵便窓口で料金を確認してもらうなら良いですが、自分で切手を用意する場合は、値段が細かく分かれているためしっかりと図らなければいけません。

値段が間違っていて、不足している、という事になると、以下のような方法がとられます。

郵便局の公式ホームページから一部引用します。

料金不足の郵便物の場合下記の方法がとられます。

1) 受取人に届く前に差出人に返送される
2)
受取人に届いて不足額を支払う
3)
受取人が不在だったり、支払いを拒否したりすると差出人に返送される

返送されると肝心の用件が伝わらないことになりますし、受取人に不足料金を払わせるのは少額とはいえ失礼にあたることでしょう。

特に慣れない速達や定型外の手紙を出す場合は、事業所の郵便窓口へお持ちいただくのが確実です。

参考:https://www.post.japanpost.jp/navi/mame_faq.html

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする