ヤマト運輸料金表は?2017年の値上げとお届け日数や営業所についてご紹介!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




ヤマト運輸の「宅急便」

運送業界でも、人気の業者と言えば「ヤマト運輸」ですね。クロネコのアイコンでも良く知られている配送業者です。ヤマト運輸の配送サービスの名前は「宅急便」です。この宅急便という言葉はなじみ深いですが、ヤマトのサービス名称だったんですね。

宅急便の料金表について

ここからは、大和の宅急便の料金プランについてご紹介していきたいと思います。

2017年10月の料金改正(値上がり)について

最近では、インターネットでの買い物も増え、配送業者もかなり多忙になってきています。配送料が多くなっていること、また人手不足などの要因によって、業界を先取り、ヤマト運輸は料金の改正を2017年10月に行いました。

ヤマト運輸が提携している企業の料金も上がっているため、普段利用しているサービスが値上がりになっている、、、もしくは、ヤマトから日本郵便に変わっている、、という状況もあります。

ここでは、値上がりについて、「値上がり幅」「現在の料金」についてご紹介します。

どれぐらい値上がりしたか?

料金の値上がり改正は2017年10月ですが、それまでの荷物の配送料に加えて、プラスして以下のように料金が加算されるようになりました。

「どこから送るか」「どこへ送るか」を選んで、いくら値上がりをしたのかをご紹介します。

◆送り元:四国・九州・沖縄 以外の地域

  • 送り先:四国・沖縄
    •  60サイズ・80サイズ +40円
    • 100サイズ・120サイズ +60円
    • 140サイズ・160サイズ +80円
  • 送り先:四国・沖縄以外
    • 60サイズ・80サイズ +140円
    • 100サイズ・120サイズ +160円
    • 140サイズ・160サイズ +180円

◆送り元:四国

  • 送り先:四国・九州
    • 60サイズ・80サイズ +140円
    • 100サイズ・120サイズ +160円
    • 140サイズ・160サイズ +180円
  • 送り先:四国・九州以外
    • 60サイズ・80サイズ +40円
    • 100サイズ・120サイズ +60円
    • 140サイズ・160サイズ +80円

◆送り元:九州

  • 送り先:沖縄
    • 60サイズ・80サイズ +40円
    • 100サイズ・120サイズ +60円
    • 140サイズ・160サイズ +80円
  • 送り先:沖縄が以外
    • 60サイズ・80サイズ +140円
    • 100サイズ・120サイズ +160円
    • 140サイズ・160サイズ +180円

◆送り元:沖縄

  • 送り先:沖縄
    • 60サイズ・80サイズ +140円
    • 100サイズ・120サイズ +160円
    • 140サイズ・160サイズ +180円
  • 送り先:沖縄以外
    • 60サイズ・80サイズ +40円
    • 100サイズ・120サイズ +60円
    • 140サイズ・160サイズ +80円

現在の料金はいくら?

それでは、値上がり後のプラス料金を加味した、料金の一覧についてご紹介していきたいと思います。

ヤマトの宅急便の配送料金は、3つの要素を判断することになります。

  • サイズ
  • 送り元住所
  • 送り先住所

です。

サイズについての区分が有りますので、基準を見ていきましょう。

サイズの区分ですが、まず「縦」「横」「幅」の合計の長さを測ります。

その合計の長さと重さを表で見た時に、長さ・重さの大きい方が採用されます。

例えば、サイズの合計が60cmで重さが3㎏だった時は、サイズとしては「80サイズ」になるという事です。

サイズ 荷物の大きさ 重さ
60サイズ 60cm以内 2kgまで
80サイズ 80cm以内 5kgまで
100サイズ 100cm以内 10kgまで
120サイズ 120cm以内 15kgまで
140サイズ 140cm以内 20kgまで
160サイズ 160cm以内 25kgまで

ちなみに、こちらの表のサイズを下回る、もしくは上回るサイズであれば、宅急便ではなく、別のサービスとなります。

  • 60サイズ未満:宅急便コンパクト
  • 160サイズより上:ヤマト便

次に、送り元と送り先の住所を見ていきましょう。送り元と送り先の組み合わせはたくさんあり、全てここでご紹介することは出来ない為、参考の目安として、関東→関西に配送した場合の値段表を掲載いたします。

サイズ 料金
60サイズ 1,015円
80サイズ 1,231円
100サイズ 1,469円
120サイズ 1,685円
140サイズ 1,922円
160サイズ 2,138円

ご自身の配送元の住所、配送先の住所に基づいて値段を調べたい場合は以下の公式ホームページからどうぞ。

・宅急便の料金

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/services/takkyubin/

お届け日数を調べる

宅急便のお届け日数ですが、宅急便の種類に応じて変わってきます。

例えば、直ぐに送りたい!という場合は、「宅急便タイムサービス」というものがあり、こちらを利用すると、夕方預けた荷物を、翌朝10時までに届けてくれるという、スピーディーなサービスが有ります。ただし、これを選ぶと通常送る場合よりも割高にはなります。

お届けにかかる日数や値段を天秤にかけて選びましょう。

通常の宅急便サービスを利用する場合ですが、どこからどこまで送るかによって変わります。料金と同じですね。

一つ目安をご紹介してみると、都市部の東京から大阪の都市部に宅急便で配送する場合には、午前中に配送手続きをすませば、翌日には荷物が届くぐらいのスピード感です。

具体的にお届け予定日を調るには、以下の公式ホームページからどうぞ。

料金も合わせて確認が出来ますよ。

・料金・お届け予定日を調べる

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/search/payment/

配送/集荷を依頼をしよう!

ここまでで、「料金」や「日数」が分かったかと思います。どのプランで送るかが決まれば、後は荷物を送る手続きをしましょう!

自分でヤマトの営業所に持っていくことも出来ますし、家や事務所などに取りに来てもらう(集荷の依頼)ことも出来ます。

集荷を依頼する場合

取りに来てもらう場合は、集荷依頼を行います。

依頼方法は、インターネットで依頼する方法か、電話での依頼となります。

電話以来の場合、固定電話からは0120-019625 受付時間:8:00 ~ 21:00(年中無休)、スマホや携帯の場合は、最寄りのサービスセンターの番号に電話をすることになります。

最寄りのサービスセンターの番号を調べる、インターネットで配送手続きをする場合は、以下の公式サイトに案内が載っています。

・荷物を送る

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/

営業所に持ち込む場合

営業所に自分で荷物を持ち込む場合は、営業所と取扱店を調べて最寄りの所に持っていきましょう。営業所と取扱店は、全国各地に沢山ありますので、地域から調べたり、住所や、条件設定から調べることになります。

最寄りの営業所や取次店を調べるには、以下の公式ページにアクセスしてください。

・営業所・取扱店・ドライバー検索

http://www.e-map.ne.jp/p/yamato01/

荷物を自分で持ち込んだ場合には、割引料金が適用されます。

クロネコメンバーズという会員の方は150円引き、そうではない方は100円引きにしてもらえます。

営業所止めについて

お得になる受け取りの方法についてご紹介します。

受け取る場合に、配送先の自宅などまで運んでもらうのではなく、配送先の最寄りのヤマト運輸の宅急便センターで止めておき、後は受取人がその配送センターまで取りに行く場合には、割引価格が適用され、57円お得になります。

送り状を以下のように記載する必要が有ります。

参照:http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/services/tc-receive/ 

詳細は以下からも確認できます。

・営業所止め

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/services/tc-receive/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする