東海バスの路線図や時刻表は?料金・定期・運行情報・乗り場・高速バスについてもご紹介!

東海バスは、小田急グループが運営するバスです。 「伊豆東海バス」「南伊豆東海バス」「西伊豆東海バス」「東海バスオレンジシャトル」「新東海バス」の5社の総称が、東海バスなんです。運賃は後払いになる為、乗車時には整理券を取って、移動距離によって料金が変わってきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




時刻表を確認するには?運行情報も合わせてチェック

東海バスのバス停ごとの時刻表は、東海バスのトップページから検索が出来ます。

停留所名を分かっておく必要があるのですが、部分検索もできますよ。

トップページの右側に「バス停名から時刻表を検索」というメニューが有りますので、そこで検索してみてください。

・東海バス 公式ホームページ

https://www.tokaibus.jp/

こちらの公式ホームページのトップには、「運行情報」も掲載されていますので、是非チェックしてみてください。

また、バス停名がわからず、「主要な停留所」から、時刻表を確認したい場合は、以下のページから確認できます。

・主要な停留所から時刻表を確認

http://dia.tokaibus.jp/OrangeGuide/pc/major.do

路線図を確認する方法は?

路線図の全体を確認することが出来る「全体図」が地図で用意されています。

芦ノ湖・大瀬岬・伊豆長岡・多賀・網代・戸田・修善寺・伊東・土肥・湯ヶ島・伊豆高原・堂ヶ島・天城峠・熱川・稲取・松崎・下田・石廊崎・下田港・沼津駅・三島駅・沼津港・大平・伊豆山・熱海駅・網代・宇佐美・伊東駅・一碧湖・伊豆高原 のエリアに分かれており、エリアごとの詳細図を選んで調べていきます。

地図になっているため、大変わかりやすいですよ。

・路線図

http://dia.tokaibus.jp/rosen/

停留所名が分からない方も、路線図から停留所を調べてみてください。

乗り場・時刻・運賃案内

出発停留所と目的地の停留所を指定して、運賃や所要時間を調べることが出来る機能がこちらです。

こちらは乗り換えには対応していない為、乗換が必要な場合は、各案内所や事業所に問い合わせをするか、既に利用している乗り換え案内サービスがあれば、そちらを利用して検索してみてくださいね。

・乗り場・時刻・運賃案内

http://dia.tokaibus.jp/OrangeGuide/pc/naviSearchTop.do

お得な切符情報

伊豆の観光などにお得な各種乗車券も用意されています。

例えば、

  • ヒリゾ浜アクセスに便利な「石廊崎・中木フリー乗車券」(期間限定)
  • 伊豆半島全域の路線バスが乗り放題(一部除く)になる東海バス全線フリーきっぷ
  • 三島エリアで使えるフリーパス、伊東市内のほぼ全域で使えるフリーパス
  • 伊豆高原エリアを中心に使えるフリーパス
  • 南伊豆エリアのほぼ全域で使えるフリーパス
  • 修善寺から天城を越え河津に至る中伊豆・天城エリアを中心に使えるフリーパス
  • 沼津エリアで使えるフリーパス

などがあります。その他、施設利用と路線バスがセットになったバスパックや、電車とバスがセットになったきっぷなどもありますよ。

是非一度下記のお得な乗車券をチェックしてみましょう!

・トクトクきっぷ

http://www.tokaibus.jp/page.jsp?id=379

高速バス/観光バスについて

東海バスの高速バスや夜行バスは、以下のページから検索することが出来ます。

・高速バス・夜行バス

http://www.jrtbinm.co.jp/

こちらで、予約・購入・空席情報の確認が可能です。

また、東海バスでは、「オレンジツアー」という、観光ツアーも提供しています。こちらは、国内旅行・海外旅行のツアーを提供しています。

・オレンジツアー

http://www.tokaibus.jp/page.jsp?id=1735

また、ホームページには、観光情報も豊富に掲載されていて、「伊豆」を堪能できるイベントやハイキングコースなども、路線バスを使ったコースが紹介されています。ちなみに、東海バスがオススメするコースは6エリアもあり、伊豆半島を大きく6つのエリア(沼津・熱海・伊東・中伊豆・南伊豆・西伊豆)に分け、それぞれのエリアを「歩いて回るハイキング編」と「バスを使って回る観光編」を調べることが出来ます。

・ハイキングコース
http://www.tokaibus.jp/page.jsp?id=5790

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする