定形外郵便料の料金一覧表!サイズ・規格外・日数・追跡なども合わせてご紹介!

定形外郵便料の便利情報をまとめました!サイズや規格外、規格内の料金一覧や、お届けにかかる日数・追跡サービス情報もご紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




定形外郵便とは?

郵便局で郵便物を送る場合には「定型郵便」と「定型外郵便」という2つの規格があります。まずは、定型郵便についてご紹介していきましょう。

定型郵便のサイズ

定形郵便物は、「重さとサイズ」の規定が有ります。

  • 重さは50g以内
  • サイズの最大の場合 縦:横:高さ=23.5cm : 12cm: 1cm
  • サイズの最小の場合 縦:横=14cm : 9cm

となっています。

一般的な封筒に入るお手紙などをイメージしていただくと良いでしょう。

定型外郵便のサイズ

一方、定型外郵便というのは、定型郵便のサイズや重さから外れたものをさします。

少しややこしいのですが、定型外郵便には2つの種類が有ります。「規格内」と「規格外」といいます。それぞれに、大きさと重さが決まっているので、順番に見ていきましょう。

規格内のサイズと重さ

規格内は、

  • 重さ:1kg以内
  • サイズの最大の場合 縦:横:高さ=34cm : 25cm : 3cm
  • サイズの最小の場合 円筒形であれば、直径が3cm 長さが14cm
    • それ以外は、縦:横=14cm : 9c
    • さらに小さなものでも6cm×12cm以上の耐久力のある厚紙または布製のあて名札を付ければ差し出すことが可能

となっています。

規格外のサイズと重さ

規格外は、

  • 重さ:4kg以内
  • サイズの最大の場合 縦:横:高さ=A:B:C だとすると、A=60cm で、A+B+C=90cm
  • サイズの最小の場合(規格内と同様):円筒形であれば、直径が3cm 長さが14cm
    • それ以外は、縦:横=14cm : 9c
    • さらに小さなものでも6cm×12cm以上の耐久力のある厚紙または布製のあて名札を付ければ差し出すことが可能

料金はいくら?

定型外郵便の料金ですが、「重量制」になっていて、重さによって値段が変わります。こちらも、規格内、規格外とそれぞれの値段設定が有ります。

規格内の料金

重量 料金
50g以内 120円

規格外の料金

重量 料金
50g以内 200円

参考:http://www.post.japanpost.jp/service/standard/one_price.html

どうやって送ればいいの?

定型外郵便の送り方は、特に決まっていません。

きちんと重さとサイズに見合った切手を貼っていれば、入るのであればポストに投函することもできますし、郵便局の窓口に持って行って送ることももちろん可能です。

もし、サイズや重りがきちんと測れない、、というのであれば、切手不足になると困りますので、窓口で出したほうが安全でしょう。

お届け日数は?

定型外の郵送物の日数ですが、他の郵送物と同様に、届ける場所や距離、オプションの有無によって変わってきます。日数の目安が知りたい場合は、必要な情報を入力して以下のページから調べてみてください。

・郵便局 お届け日数を調べる

http://www.post.japanpost.jp/deli_days/index.html

追跡サービスは利用できる?

定型外郵便を通常のまま配達してもらうと、はがきや封筒の取り扱いと同様になる為、追跡サービスは利用できません。

オプションで、追跡サービスを利用出来るものを付けると、利用することは可能です。

例えば、特定記録や、簡易書留などです。

特定記録の場合は、ポストまでの投函の記録を確認することが出来ます。

簡易書留も同様に、引き渡しまでの記録を追う事が出来ますが、ポストまでではなく、対面での受け私となり、紛失などの保証も付きます。(基本料金に、+310円かかります。)

追跡サービスを利用する場合は以下から確認できます。

・郵便追跡サービス

https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする