退職届と退職願の違いは?書き方や見本もご紹介!

退職届、退職願のお役立ち情報をまとめました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




退職届/退職願の違いは?

まず、「退職届」と「退職願」について、それぞれの定義と違いを知っておきましょう!

退職願

退職願は、その名前の通り「退職を(自分から)願い出る、申し出る」ためのものです。

ただし、この退職願というのは退職をするステップでは必須ではなく、「口頭で」伝えても問題ありません。

実際には、「退職願」を提出せずに、口頭で伝える方が多いかと思います。

状況を思い描いても分かりますが、いきなり相談もなく上司や決裁者に「退職願」を渡すのではなく、「実は、〇〇という理由で退職をしたいと考えています」と伝える状況の方が多いためです。

一方で、会社の引き留めが強かったり、退職の交渉が難航していて、次の転職先にスムーズに移れない、、、という場合などは、「退職の意志が固い」事を伝えるためにも、退職願を書いて渡す、というのは有効な手段になります。

退職届

退職届は、退職することが決定した後で、会社に提出する書類です。一般には、退職する際には複数の書類を提出する必要が有り、その中の1枚が退職届となります。

その為、会社ごとに退職届のフォーマットが用意されていることが多いため、会社規程の退職届を利用しましょう。

書き方/見本(word、縦書き)について

基本的には、縦書きで書きます。Wordなどを利用しても、横書きで書いても、内容が同じであれば問題ないでしょう。

退職願

※会社都合でない限りは、「一身上の都合」と記載すればよいでしょう。特にそれ以上の理由を記載する必要はありません。

退職届

お次は退職届です。こちらは先ほどご紹介したように、会社規程のものなどがある場合はそちらをご利用ください。

もしない場合は、以下を参考に作成してください。

封筒について

退職願や退職届は、三つ折りにして封筒に入れます。

封筒は、表と裏、それぞれ以下のように書きます。

表には、「退職願」と「退職届」それぞれ対応する表記をしてください。

封筒は、郵便枠線のないものを使うと良いでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする