リカバリー(パソコン・iPhone)の方法やディスクの作り方は?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




リカバリーとは?

リカバリーというのは、英語なので日本語に訳すと「取戻し/回復」という意味です。良く使われるのは、パソコンやiphoneではないでしょうか?ハードの部分が壊れたり、データが壊れたりしたときに、元々あった状況に戻すことをリカバリーと言います。

ここでは、パソコンのリカバリーや、iPhoneのリカバリーについて、どのような復元するのか?という点をご紹介していきたいと思います。

パソコンの復元方法

例えば、パソコンがウイルスに感染してしまって、一度パソコンを真っ新にしたい場合などに、パソコンを出荷時に戻す事も有ります。

その場合は、リカバリーソフト/リカバリーメディアを使って、リカバリーすることで、工場出荷時に戻すことが出来ます。

リカバリーメディアは、パソコンの購入時についてきますので、そちらを利用することになります。

また、パソコンの種類によっては、「リカバリー領域/モード」というのがパソコンに備わっていて、それを利用してリカバリーすることが出来ます。

これから、「リカバリーメディアを利用してリカバリーする方法」と「リカバリー領域」を利用してリカバリーする方法のそれぞれを見ていきたいと思います。

注意点ですが、パソコンによってリカバリー方法が異なります。ここでは、一つの事例としての手順を記載する為、自分のパソコンのリカバリー法オフについては、購入したメーカーのHPなどを確認してから実施してください。

また、リカバリーをすると、工場出荷状態、つまり自分が保存したデータやインストールしたもの、設定は全て消えてしまいます。必要な方は、事前にデータのバックアップを必ず取っておいてください。

リカバリーメディアを利用

リカバリーメディアを利用してのリカバリーは一般的かと思います。

このリカバリーメディアですが、パソコンによって、購入したときにメディアが付いてくる場合と、付いてこないので自分でメディアを作成する場合に分かれています。

付いてきている場合ですが、

  • コンピューターの電源を切ります
  • パソコンに接続されているものを、電源/モニター/キーボード/マウスのみにします(それ以外は外す)
  • コンピューターの電源をオンにします
  • BIOS起動する。起動方法は、パソコンにもよって異なります。例えば、起動時に「F2」のキーを数回おすとBIOSが起動するパソコンもあります
  • BIOSの設定で、CD/DVDからの起動を優先にします。(英語で書かれていることも多いので、該当するものを選択します)
  • リカバリーディスクをセットして、パソコンを立ち上げます
  • パソコンを立ち上げると、リカバリーディスクから立ち上がり、そこからは表示される指示に従って、リカバリーを行います

リカバリーメディアを自分で作る

リカバリーメディアの作り方も、パソコンのメーカーによって、手順が異なります。

詳細についてはご自身のパソコン毎に確認して下さい。

ここでは、一般的な流れを記載します。

  • リカバリーメディア用のメディア(CD/DVD)を用意(容量が足りる物を用意してください)
  • 「スタートメニュー」→「全てのプログラム」 → 「リカバリーディスク作成」 or  「再セットアップ用 CD-ROM作成」を選択
  • 指示に従ってメディアを作成する

リカバリー領域を利用

パソコンによっては、CDやDVDでリカバリーメディアはないけれど、パソコン内にリカバリー領域があって、それを起動させてリカバリーが出来るケースがあります。

パソコン毎にリカバリー方法が異なりますので、自分のメーカーを確認してください。

例えば、

  • 「VAIO」のパソコンのリカバリーの場合は、「ASSIST」ボタンから起動
  • 「HP」のパソコンであれば、「スタート」→「全てのプログラム」→「Recovery Manager」から起動

となります。

iphoneのリカバリーについて

iPhoneのリカバリーをすることも多いかと思います。

iPhoneのリカバリーに関しては、パソコンを利用します。リカバリーすると、リカバリー時点のデータに戻りますので、注意しておきましょう。事前にiCloudやPCに、バックアップを取っておきましょう。

復元のステップ

以下の流れでiPhoneの復元を行います。

  • iPhoneやiPadなど、リカバリーをしたい機器とパソコンを接続します
  • iTunes を起動 → メニューの「編集」→「設定」→「デバイス」を選択
  • 「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れ「OK」を選択 ※同期をしてしまうと、バックアップが消えてしまいます
  • iTunesを終了させ、再度iTunesを起動
  • iPhone7(と、7Plus)の場合、「音量を下げるボタン」と「ホームボタン」を同時に押し続ける。それ以外の場合は、「電源ボタン」と「ホームボタン」を同時に押し続ける
  • Appleマークが表示され、「iTunesマーク」が表示されることを確認
  • PCの「iTunes」に戻ると、リカバリーメニューが表示されるので「復元」を選択
  • 「復元と更新」を選択し、「次に」で進んでいき、「同意」を選択
  • すると、ダウンロードと復元が進む。数分~数十分かかる為、電源を切らないようにする
  • アクティベーションロックの画面が表示される場合は、AppleIDとパスワードを入力
  • 画面に指示が表示されたら、該当ボタンを押し進める
  • リカバリー完成すると、「新しいiPhone(iPad)へようこそ」という画面が表示される
  • 事前に取っておいてバックアップのデータを戻す

かなり長いですが、このようなステップとなります。

リカバリーは全てデータが消えてしまうため、事前にバックアップをきちんと取っておくことが重要です。

また、パソコン毎にリカバリー手順が異なる為、ご自身のメーカーの手順を必ず確認してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする