楽天トラベルの予約確認やキャンセルの方法は?ポイントやクーポンもご紹介!

楽天トラベル」は、国内・海外旅行をカバーする、日本最大の宿泊予約サイトです。「ホテル・ツアー」「 航空券・レンタカー・高速バス」の予約が出来ます。ホテルの口コミ数は800万件以上 で日本最大級なので、予約時に参考になりますね。また、楽天スーパーポイントを貯める事も使う事も出来ますよ。!そんな楽天トラベルのお役立ち情報をまとめました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




楽天トラベルの予約確認は?

楽天トラベルを使って予約をした方で、予約がきちんととれているか確認したい!という方も多くいらっしゃるでしょう。

予約の確認は簡単にできますのでご安心ください!確認の方法は2つあります。1つは、楽天のアカウントを使って予約した場合、2つ目は楽天アカウントを利用せずに予約した場合です。

1つ目の、楽天のアカウントで予約をした場合は、まず楽天アカウントで楽天トラベルのWebサイトにログインします。すると、氏名が表示される横に、「予約の確認・キャンセル」というメニューが有ると思いますので、それをクリックします。そうすると、自分が予約した内容が確認できます。

2つ目の、楽天会員IDを使わずに予約をした場合は、予約時に表示された「予約受付番号」と「確認キー」をお手元に用意して、楽天トラベルの「予約確認」ページい行きましょう。この予約受付番号などは、メールでも送られていると思いますよ。

キャンセルの方法は?

キャンセルしたい場合も、予約確認と同じように、予約の確認・キャンセルページに行きます。

そこで、楽天IDで予約した場合は、楽天IDでログインし、楽天IDを使わずに予約した場合は、「予約受付番号」と「確認キー」でログインします。

そこで、予約の確認とキャンセルが出来るようになっていますよ。

キャンセル料についてですが、予約する宿泊先や予約プランなどによって何日前からキャンセル料がかかるのか、またいくらぐらいキャンセル料がかかるのか、は異なっています

予約時に、キャンセル料についての案内は記載されているかと思いますが、覚えていない方は、キャンセルボタンを押してみると、キャンセル料がいくらなのかわかります。一度キャンセルを押しただけではキャンセルは完了しませんのでご安心ください。

キャンセル手続画面で所定手続を終えたら、キャンセル手続の最終ボタンである【一室キャンセルする】をクリックしてキャンセルが成立します。

もし、楽天IDを使用して予約せず、予約受付番号・確認キーを忘れた場合は、国内宿泊予約の場合には、予約をした宿泊施設へ直接お電話でキャンセルの連絡をする流れになります。連絡をしない場合は、宿泊施設からキャンセル料を請求される場合がありますので、ご注意ください。

クーポンは使える?

楽天トラベルには、クーポンが有ります。その名も、RaCoupon(ラ・クーポン)。楽天トラベルでは、割引クーポンを定期的に発行しているので、そのクーポンを利用して予約すると、予約料金から割引して予約が出来るんです!

イチオシクーポンや、限定クーポン、割引クーポンなど、お得なクーポンがありますので、まずはクーポン情報はチェックしてみてください!

クーポンは、楽天トラベルのホームページのメニューの中に「割引クーポン」と記載が有りますので、直ぐに分かりますよ。

ポイントのお得な利用は?

楽天会員登録をしている方は、楽天ポイントを貯めることが出来ます!

楽天会員IDを利用して予約するとポイントが貯まるんです。100円で1ポイント貯まるので、宿泊やツアーなどで予約をすると、結構貯まるのではないでしょうか!?

また、楽天グループ各サービスで貯めたポイントは、楽天トラベルでも利用することが出来ます。その場合は、1ポイント=1円相当で利用が出来ますよ。

また、お得にポイントを貯めることが出来るキャンペーンも随時開催されていますので、是非チェックしてみてください。

レンタカーの手配について

楽天トラベルでは、レンタカーの手配も可能です!

また、楽天トラベルの国内宿泊予約がある方限定キャンペーン!では、レンタカーをお得に利用するセットもありますので、宿とレンタカーを利用する方は、このセットのお得な料金を利用されることをお勧めします。

全国展開しているレンタカー会社や、定番のレンタカーから選べるので、便利ですよ♪

楽天トラベルの公式ホームページ:https://travel.rakuten.co.jp/

楽天トラベルの予約確認・キャンセル:https://aps1.travel.rakuten.co.jp/portal/my/prv_page.first?f_tab=1

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする