上沼恵美子のおしゃべりクッキングのレシピは?ゲストや先生もご紹介!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




「おしゃべりクッキング」ってどんな番組?

上沼恵美子のおしゃべりクッキングは、関西で放映を行っている朝日放送(ABC)のテレビ番組です。平日の午後に放送されていて、関西人にはおなじみの、「上沼恵美子」さんの冠番組です。毎週テーマを決めて、ゲストをお迎えし、料理とトークが繰り広げられています。

上沼恵美子は、手伝いながらトークも満載で、そのトークについてきている先生は凄いですよね。

先生は誰?

先生は、辻調理師専門学校の教授がいらっしゃっています。年によって、教授が変わる場合が有りますが、どの方も辻調理専門学校の方です。西洋料理・中国料理・日本料理、などの種類によって変わります。

現在は、

日本料理:岡本健二

西洋料理:小池浩司

中国料理:石川智之

教授です。

ゲストやレシピについて

ゲストは週替わり。10年ぐらいまでは、ゲストの方も厨房の方に立って、調理のお手伝いをしていましたよね。今は料理の手伝いはせずに、席に座って料理をするところを見ながら、トークをしています。

ゲストはテーマと同じで、1週間ごとに変わります。

【ゲスト】【テーマ】【その日の献立(レシピ)】については、朝日テレビのHPに、「献立カレンダー」に掲載されているんです!

レシピまで付いているのは嬉しいかぎりです^^ 一言ポイントもあるので、何に注意すれば美味しくできるのかもわかりますよ。これを日々真似していたら、料理上手になれますね!テーマは、季節に合わせたものが選ばれています。

・献立カレンダーはこちら

https://www.asahi.co.jp/oshaberi/calender/

プレゼントがある日もマークがついていて一目でわかります。

レシピ検索と人気レシピについて

おしゃべりクッキングのサイトでは、レシピの検索もできるんです。フリーワードで探したり、組み合わせで探すことが出出来ます。

ジャンル(和食・洋食・中華) × 食材(肉・魚・豆・卵・野菜など) × 放送日

などで選ぶんです! これは本当に便利!

▼人気のレシピ

レシピの中でも、人気の3つをこちらで紹介します。青椒肉絲、生姜焼き、厚揚げ です!

・基本の青椒肉絲(チンジャオロースー)(2017年4月4日(火)放送)

■作り方

1.豚ロース肉は5mm幅に切り、豚肉の下味の塩、溶き卵をもみ込み、片栗粉を混ぜ、油を加えてほぐす

2.ピーマンは半分に切って種を取り、繊維に逆らって3mm幅に切り、ゆでたけのこは2mm角、5cm長さの細切りにする

3.合わせ調味料の砂糖、紹興酒、しょうゆ、オイスターソース、水、片栗粉を混ぜる

4.鍋に油少量を熱し、豚肉を弱火で白っぽくなるまで炒めて取り出す

5.鍋に油を足し、長ねぎの粗みじん切りを中火で炒め、ピーマンを入れて強火で炒め、たけのこを炒め、豚肉を戻し入れてさっと炒める

6.(5)に(3)を入れて炒め合わせて仕上げ、器に盛る。

■材料と分量(2人分)

・豚ロース肉(しょうが焼き用) 70g
・ピーマン 4個
・ゆでたけのこ 50g
・長ねぎ(粗みじん切り) 大さじ4
・油 適量
・☆豚肉の下味
・塩 2つまみ
・溶き卵 大さじ1 1/2
・片栗粉 小さじ1
・油 小さじ2
・☆合わせ調味料
・砂糖 小さじ1/3
・紹興酒 小さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・オイスターソース 小さじ1
・水 小さじ2
・片栗粉 小さじ1/4

・豚肉の生姜焼きロール(2016年10月3日(月)放送)

■作り方

1.アスパラガスはかたい皮をむいて半分の長さに切り、なすは縦に8等分に切り、プロセスチーズは5mm角の棒状に切る

2.4本作る。豚バラ肉に塩、黒こしょうをふり、なす、アスパラガス、チーズを豚肉で巻き、ラップでくるみ、600Wの電子レンジで3分加熱する

3.ボウルに合わせだれの酒、みりん、しょうゆ、おろししょうがを混ぜる

4.(2)のラップを外し、フライパンを強火で熱して油適量を入れ、豚肉に焼き色をつけ、(3)を加えて転がしながらからめる。

5.(4)を適当な大きさに切り、ベビーリーフと共に器に盛る。

■材料(2人分)

・豚バラ肉(薄切り) 8枚(250g)
・アスパラガス 2本
・なす 1本
・プロセスチーズ 40g
・ベビーリーフ 適量
・塩 適量
・黒こしょう 適量
・油 適量
・☆合わせだれ
・酒 大さじ2
・みりん 大さじ4
・しょうゆ 大さじ2
・おろししょうが 20g

・鶏の揚げ煮南国風(1998年9月2日(水)放送)

■作り方

1.ニガウリは縦半分に切って種を取り除き、3mm厚さの小口切りにし、塩をまぶして約10分おく。

2.鶏もも肉は、余分な脂、筋、軟骨などを取り除き、身の厚いところを開いて筋切りし、大きめの一口大に切って、鶏もも肉下味(A)の調味料をふり、もみこんで下味をつける。

3.(2)の鶏肉に、小麦粉をまぶし、170~175度の油で揚げる。

4.厚揚げは油抜きして一口大に切り、ミョウガは小口切りする。

5.鍋に煮汁(B)を入れて沸かし、(3)の鶏肉、(4)の厚揚げを加えて、弱火でコトコトと10分煮る。

6.(1)のニガウリの水気をふき取り、油少量を熱したフライパンで炒める。

7.(5)の鍋に、(6)のニガウリを加えてサッと合わせる煮て、器に盛り、(4)のミョウガを散らす。

■材料(4人分)

・鶏もも肉 1枚(300g)
・厚揚げ 2個
・ニガウリ 1本
・ミョウガ 3個
・小麦粉 適量
・塩 適量
・サラダ油 適量
・☆鶏もも肉下味(A)
・酒 15cc
・しょう油 15cc
・☆煮汁(B)
・だし 500cc
・酒 100cc
・みりん 50cc
・しょう油 60cc
・ショウガ汁 15cc

3レシピとも、参照元は以下です。

https://www.asahi.co.jp/oshaberi/

それぞれの詳細のURLが記載出来なかったので、料理名で検索してみてくださいね。ポイントが見れますよ。

いかがでしたでしょうか?是非試してみてください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする