踊り子号の停車駅や時刻表は?予約や料金についてもご紹介!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




踊り子号について

踊り子号は、定期列車は東京駅 – 伊豆急下田駅間に3往復運転され、このうち2往復に修善寺駅発着の列車が連結されています。

スーパービュー踊り子号については以下のページもご覧ください。

スーパービュー踊り子について スーパービュー踊り子号は、伊豆に行く旅を楽しめるように作られた特急列車です。 踊り子号についてはこちら...

  • 東京駅 – 伊豆急下田駅間の停車駅

東京駅 – 品川駅 – 川崎駅 – 横浜駅 – 大船駅 – 小田原駅 – 湯河原駅 – 熱海駅 – 網代駅 – 伊東駅 – 伊豆高原駅 – 伊豆熱川駅 – 伊豆稲取駅 – 河津駅 – 伊豆急下田駅

  • 熱海駅 – 修善寺駅間の停車駅

熱海駅 – 三島駅 – 三島田町駅 – 大場駅 – 伊豆長岡駅 – 大仁駅 – 修善寺駅

また、常磐線を「踊り子」号が走るラインがスタートしました。我孫子駅を出発し、東京経由で伊豆急下田駅まで直通運転をする列車です。我孫子発着「踊り子111・112・152」号 ですので、柏、松戸、北千住などにお住まいの方にとても便利なラインとなっています。

以下の我孫子~東京駅間が停車駅です。

我孫子駅 – 柏駅 – 松戸駅 – 北千住駅 – 上野 駅- 東京駅

踊り子号の予約方法・自由席について

踊り子号は特急列車の為、普通乗車券の他に指定席特急券が必要となります。

7両編成の場合は、「1~5号車は指定席で4号車グリーン車、自由席は6~7号車」

10両編成の場合は、「1~8号車は指定席で4~5号車はグリーン車、自由席は9~10号車」となっています。

満車で座れない、というのを防ぎたい場合は、指定席券を事前に購入をしておく必要があります。

(スーパービュー踊り子の場合は、自由席が無く、全て指定席になります。)

予約の方法は?

事前に特急券を予約・購入しておく必要があるのですが、以下の方法で予約・購入できます。

  • 駅の指定席発売機で購入する
  • みどりの窓口で購入する
  • インターネットを利用して「えきねっと」で購入する

という方法です。

駅の指定席券売機とみどりの窓口は分かるかと思いますので、えきねっとでの購入についてご紹介します。

「えきねっと」は、JR東日本が提供する、JR特急列車の指定席きっぷのお申込みなどが出来るサービスです。

まず初めに、えきねっと会員登録(無料)をしてから利用します。そこで、自分が利用したい列車の指定席を予約することが出来ます。

注意事項としては、申し込んだきっぷは、利用前にJR東日本・JR北海道の駅、JR西日本北陸エリアの一部駅のいずれかで受け取りが必要になります。えきねっとのサービスは、JR東日本のサービスなので、JR東日本エリアであれば、問題なく受け取れますよ。

どうやって受け取るかというと、5時30分~23時00分かつ、各駅の「指定席券売機」「みどりの窓口」「びゅうプラザ」等の営業時間内で受け取ることになります。

踊り子号の料金について

料金ですが、普通乗車券のほかに指定席特急券も必要になる為、2つの料金がかかってきます。

また、距離によっても変わってきますので、乗り換え案内サイトやJR東日本の運賃検索を利用されると良いかと思います。

例えば、

  • 東京~熱海間(約1時間20分):3800円(指定席) 3280円(自由席) 5340円(グリーン)
  • 東京~伊豆急下田間(約2時間47分):6260円(指定席) 5640円(自由席) 8210円(グリーン)

です。

以下から調べられますよ。

・えきねっと 乗り換え・運賃案内

https://www.eki-net.com/pc/personal/transit/wb/ekinet-transit/SearchInput.aspx?src=ekinettop_f

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする