【2018年】年賀状いつまで郵便局で送れる?受付や値段は?お年玉当選番号があるの?

2018年の年賀状/年賀はがきの便利情報をご紹介していきます。受付期間や値段、また、お年玉当選番号についても見ていきましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




年賀はがきの知っておきたい知識(受付期間や料金)

年賀状というと、日本郵便が提供している年賀はがきですね。正式名称は、「お年玉付き年賀はがき」です。お年玉付きというのは、年賀はがきには番号が記載されていて、当せんすれば、お年玉として景品がもらえるようになっています。

2017年にはがきや封書の料金が改正され値上がりをしているのですが、年賀はがきは値上げされず、お値段はそのままとなっています。

改正後の料金をお伝えすると、

  • 通常はがき:62円
  • 年賀はがき:52円

となっています。

見てもらうと分かるように、年賀はがきより、通常はがきの方が10円高いんですね。

ここで、注意しておきたいことが有ります。

年賀はがきとして、郵送出来る期間が決まっていて、2017年12月15日(金)から2018年1月7日(日)までとなっているんです。

今までであれば、例えば1月の14日に年賀はがきを送っても、問題なく届いていましたが、2017年の改正後は、年賀はがき(52円)で送れる期間は2018年の1月7日までとなっているため、それ以降は「通常はがき」として扱われるため、10円足りない!という事になってしまします。

もしも、1月8日以降に年賀はがきを出すという場合は、10円足さなければならないのです。

その場合、年賀はがきの下に、10円分の切手を貼り足しする必要が有りますのでご注意ください。

年賀はがきの発売時期

年賀はがきは、11月1日に発売されます。インターネットでも購入でき、ネットの場合は11月1日以前に予約もできます。例えば、2018年用としては、2017年の9月1日(金)から2017年10月31日(火)の間がネットでの予約期間です。

年賀はがきの販売期間ですが、2018年の年賀はがきは2017年11月1日(水)から2018年1月5日(金)までとなっています。

お気を付けくださいね!

お年玉くじの引き換え期間は?

先ほども少しご紹介しましたが、この年賀はがき(もしくは年賀切手)には、「お年玉くじ」がという番号が付いています。

毎年1月に抽選が行われるのですが、2018年の抽選日は、2018 年1月14日(日)となっています。

ここで、当せん番号が決定します。

2018年の引き換え期間は、2018年7月17日までなので、忘れないようにしてください。

引き換え方法ですが、郵便局へ当せんはがき・当せん切手を持参する必要が有りますので、お忘れなく。はがきや切手は返却してもらえますよ。1等、2等の当選者は、本人確認が出来る資料が必要です。

商品は以下です。

等級 賞品名 当せんの割合 当せん本数
1等
(下6けた)
セレクトギフト(12万円相当/1万点以上の商品・旅行・体験プラン等からの選択)又は現金10万円 100万本に1本 2,599本
2等
(下4けた)
ふるさと小包など 1万本に1本 259,930本
3等
(下2けた)
お年玉切手シート 100本に2本 51,986,160本

引用:https://yu-bin.jp/letters/otoshidama/

1月14日実施の当選番号は以下!

  • 1等 下6桁:784640番
  • 2等    下4桁:3260番
  • 3等    下2桁 :27番 と 86番
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする