眼鏡市場の店舗の定休日や営業時間は?レンズ交換・割引クーポン・値段・老眼鏡もご紹介!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




眼鏡市場について

眼鏡市場(めがねいちば)は、株式会社メガネトップという会社が展開する店舗の名前です。株式会社メガネトップは様々な眼鏡とコンタクトの店舗を展開している会社です。眼鏡市場以外の店舗として、ALOOK(アルク)やFIT ME(フィットミー)、コンタクトマン、コンタクトのレンズのオンラインショップのレンズダイレクトなどを運営しています。

株主優待制度では、眼鏡一式購入の際に3割引きになるなど、お得な割引制度も実施しています。

営業時間/定休日/店舗は?

営業時間ですが、店舗によって異なった営業時間を取っています。

例えば渋谷店・新宿店・池袋店・上野店であれば、11時~20時、イオン品川シーサイド店であれば、9時~22時、川崎高津店であれば、10時半~19時半など、お店によって差が有ります。

定休日は特になく、年末年始以外は無休です。

店舗を検索したい方は、以下の眼鏡市場のホームページから検索して下さい。

▼眼鏡市場 店舗検索

https://www.meganeichiba.jp/shopinfo/

レンズ交換について

眼鏡市場では、レンズ交換のサービスも行っています。

現在持っているフレームにレンズを交換してくれるんです。これは嬉しいですね。

ただし、フレームの状態やフレームデザインによっては交換が難しい場合がありますので、店舗に持って行って交換可能かを確認してもらいます。

レンズ交換の販売価格は、無色レンズの場合は種類や厚さに問わず、一律で二枚一組11,664円(税込)となっています。無色レンズ以外にも、様々なオプションレンズもあるようで、それを選ぶと追加料金に2,160円かかります。

評判は?値段はいくら?割引はあるの?

眼鏡市場ですが、フレームとレンズを合わせて、「16200円」から作ってもらえます。セットの価格は3種類あり、「16200円」「19440円」「25920円」の3タイプありますよ。

フレームとレンズを合わせてこの価格なので、かなりお得に眼鏡を購入することが可能ですね。

しかも、強度近視用の1.74超薄型非球面レンズ、1.74超薄型遠近両用レンズ、乱視でも、同じ価格が設定されるため、評判も良いんです。

デザインはシンプルでスタンダードなものが多いのですが、ワンポイントのデザインがはいったものや、個性的なものまで幅広く用意されています。

眼鏡市場には、クーポン・割引もあります。

WEB限定のクーポンなのですが、例えば使い捨てコンタクトを指定数以上購入した場合「最大2000円キャッシュバック」や、初めて眼鏡市場でコンタクトを買う方限定で、超初割クーポン(1000円OFF)などがあります。

どれもコンタクトの割引になりますよ。

▼クーポン

https://www.meganeichiba.jp/contactlens/coupon/

眼鏡購入の場合の割引は、豆知識で記載した、株主の方専用の「株主優待割引」で、3割引きが適用されます。

コンタクト/サングラス/老眼鏡について

眼鏡市場では、クーポンが有ることからもわかりますが、コンタクトの販売も行っています。

また、サングラスや、老眼鏡ももちろん売っています。

サングラスは度付きのレンズにも対応しています。

サングラスは、1万円未満、1万円以上という種類に分かれています。

老眼鏡は、眼鏡と同様に「16200円」から販売しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする