レターパックの追跡サービスを利用!料金やコンビニでの送り方もご紹介!

レターパックは日本郵便が行っている郵送のサービスです。比較的安価で送ることが出来るので、運送会社各社が値上がりをしている中、郵送手段としては嬉しいサービスです。

ここでは、レターパック利用の際の便利な情報をご紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レターパックの料金

レターパックの特徴と言えば、その安さ。今の配送業界の中ではかなり安いのではないでしょうか??

なんと、全国一律料金で、日本全国510円または360円なんです。

値段が2種類あるのは、「レターパックプラス」と「レターパックライト」の2つの方法があるから。

「レターパックプラス」は、ポストへの投函ではなく、直接渡してもらう方式で、

「レターパックライト」が郵便受けに投函される方式です。

利用目的に応じて選んでください。

レターパックのサイズ・重さ

レターパックは送れるもののサイズと重さが決まっています。レターパックは、その名の通り、日本郵便が提供している専用の紙で作られた入れ物に入れる為、それに入らなければレターパックとしては送れません。以下のような入れ物です。

これを、事前に郵便局で購入しておかないといけないのです。

引用:http://www.post.japanpost.jp/service/letterpack/

先ほどご紹介した「レターパックライト」と「レターパックプラス」で入れることが出来る物の、サイズが異なります。

  • ライトの厚さは3cmです。
  • プラスのほうは、3cmを超えても問題ありません。
  • どちらもA4サイズの大きさで、4kg以内の重さのみ送れます。
    • A4サイズというのは、340mm×248mmのサイズです。ご参考に。

送るものの例としては、手紙や書類、CDやプレゼント、薄手の衣類などを郵送する時、うまくこのレターパックのサイズに収まれば送ることが出来ます。注意点としては、現金は現金書留でしか送ることができないため、レターパックは利用できません。

日数はどれくらいかかるか?

レターパックの郵送にかかる日数ですが、一般的なはがきや封書と同様に、距離や届け場所によって変わります。郵便局のサイトで送り元と送り先を入力すると目安が計算されるので、利用してみてください。

また、郵便局の窓口でも教えてもらえますので、購入時に日数の目安を伺うのも良いでしょう。

・お届け日数を調べる

http://www.post.japanpost.jp/deli_days/

追跡サービスはある?利用する方法は?

レターパックは、先ほどご紹介したように2種類ありますが、どちらでも追跡サービスが利用できます。

自分が送った/受け取る 荷物がどこにあるのかを、追跡番号を利用して追跡することが出来るので、受け取りなどの目安を立てるのに便利です。

また、追跡をする場合は、日本郵便の以下の公式ホームページから番号を入力して利用してください。

▼追跡サービスを利用する

https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/

送り方は?郵便窓口やコンビニでの郵送

先ほども少し記載しましたが、レターパックで郵送する場合は、レターパックの入手が必要です。これは、郵便窓口や、切手類販売所で入手してください。コンビニなどでは売っていません。

注意したいのは、事前に2種類あるレターパックのどちらかで送るかを決めておくことです。厚さが3cm以上の物は、レターパックプラスになります。

あとは、レターパックに送りたいものを入れて、必要事項を記入してポストに投函すればOKです。コンビニなどで渡すことは出来ず、ポストへの投函か郵便局で出す事になりますのでご注意ください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする