国立科学博物館(上野)の営業時間やアクセスは?特別展のスケジュールや混雑・チケットは?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




国立科学博物館について

国立科学博物館は、上野公園内にある博物館です。

実はこの博物館、1877(明治10)年に創立された、日本で最も歴史のある博物館の一つで、国立の唯一の総合科学博物館なんです。

博物館のみを目的としておらず、自然史および科学技術史研究に関する中核的研究機関をも担っています。調査研究の成果やコレクションを活用した展示を行っているんですね。

ですので、国立科学博物館には、1、調査研究 2、標本資料の収集・保管 3.展示・学習支援 という3つの役割が有ります。

とはいえ、皆さまの興味は、国立科学博物館で行われるユニークな展示でしょう!

ここでは、博物館としての機能をご紹介していきます。

アクセス

上野には沢山美術館や博物館がありますが、そのうちの1つですね。駐車場は、上野公園第一・第二駐車場など、近隣にありますので、車で行くにも便利です。

電車で行くと、

  • JR「上野」駅(公園口)から徒歩5分
  • 東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅(7番出口)から徒歩10分
  • 京成線「京成上野」駅(正面口)から徒歩10分

となっており、以下が周辺地図です。

参照:http://www.kahaku.go.jp/userguide/access/index.html

開館時間・休館日

開館時間は以下です。

通常 9:00 ~17:00 (入館は16:30 まで)
金曜日・土曜日 9:00 ~20:00 (入館は19:30 まで)
7月~9月の金・土曜日 9:00 ~21:00 (入館は20:30 まで)
8月13~17、8月20日 9:00~18:00 (入館は17:30 まで)

休館日は、毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日) ・年末年始(12月28日~1月1日)です。

特別展や期間によっては時間や休館日が変則的になる事も有りますので、詳細は公式ホームページでご確認下さい。

常設展と特別展の違いは?

国立科学博物館は、「常設展」と「特別展」の2つの展示が開催されています。

常設展について

常設展とはその名の通り、常に展示しているものです。

日本展と地球展の2つが有ります。

日本展は、「日本列島の素顔」「日本列島の生い立ち」「生き物たちの日本列島」「日本人と自然」「自然をみる技」 というセクションで構成されています。

地球展は、「大地を駆ける生命-力強く生きる哺乳類と鳥類をみる-」「親と子のたんけんひろば コンパス」「科学と技術の歩み-私たちは考え、手を使い、創ってきた-」「科学技術で地球を探る」「科学技術の偉人たち-日本の科学者・技術者-」「地球の多様な生き物たち-みんな、かかわりあって生きている-」「地球史ナビゲーター」「地球環境の変動と生物の進化 -恐竜の謎を探る-」「地球環境の変動と生物の進化 -誕生と絶滅の不思議-」「自然のしくみを探る-私たちの世界はどのようにできているのか-」

というセクションで構成されています。これだけでも相当ボリュームが有りますね!

常設展のチケットは、一般・大学生が620円で、高校生以下は無料です。(団体料金などもあります)

特別展・企画展について

特別展はその名の通り、期間限定で行われる特別な展示です。

期間ごとに異なる展示が行われていますので(行われていないときもあります)、スケジュールをチェックする必要があります。

また、チケットの料金も、展示ごとに異なる為、その時の展示のチケット料金を個別で確認することになります。

特別展のスケジュールをチェック!

国立科学博物館の特別展・企画展は以下でスケジュールを確認することが出来ます。

▼特別展・企画展

http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/temporary/index.php

人体ー神秘への挑戦

2018年3月13日(火)~6月17日(日)の期間は、「人体ー神秘への挑戦」が行われます。ルネサンス時代から続く、人体の機能や構造の解説、研究の進化などが紹介されます。

午前9時~午後5時(金・土曜は午後8時まで)で、ゴールデンウィークは夜間延長もあり、

【午後8時まで】4月29日(日)、30日(月・振替休日)、 5月3日(木・祝)

【午後6時まで】5月1日(火)、2日(水)、6日(日)

となっています。

料金表
一般・大学生 1,600円(1,400円)
小・中・高校生 600円(500円)
※( )内は前売料金

となっています。

◆混雑は?

土曜、日曜、祝日を中心に入場待ちの時間が長くなっているようです。混雑をする時間帯は、整理券が配布され、入場規制がかかることが有ります。

混雑情報をいち早く知れる方法は、展覧会の公式HPやTwitterなどになりますので、そちらでご確認ください!

特別展「人体ー神秘への挑戦」

http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2018/jintai/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする