香典の知っておきたい情報!袋の種類や相場の金額を知っておこう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




香典について

このページでは香典についてご紹介していきます。香典というのは、死者の霊前にお供えするお金のことを指します。なぜ、香典と言うかというと、お香や線香の代わりに備えるという意味合いが有ります。香典を持っていくのは、通夜や葬儀に参列する場合です。急なことになる場合が多いと思いますので、事前に香典について知っておくと良いでしょう。

香典袋について

香典を入れるには「香典袋」というものを利用します。香典袋には色々と種類があるのですが、これは参列する葬儀の宗教・宗派などによって異なります。例えば、仏教・キリスト教などによって利用する香典袋が異なります。

水引を例にしてみていきましょう。

イメージされる香典袋はこの写真のようなものかと思います。

この写真を見ると、白と黒の水引が付いています。

キリスト教の場合は水引が付いていない袋を使用する事も有ります。ただし、あってもよいとされています。

仏式は、黒白の水引か、双銀の水引の袋を利用します。

神式は、黒白・双銀・双白のどれかの水引の袋を利用します。

ちなみに、包みですが、白の無地でしたら、宗派や宗教を問わず利用されるので、参列される葬儀の宗派などが分からない場合は、白の無地を利用されると良いでしょう。

香典袋の書き方について

香典袋と同様に、書き方についても葬儀の宗派などにより異なります。

先ほどの画像には「御霊前」と記載がされています。一般的に「御霊前」と記載する場合が多いというイメージがあるかもしれませんが、キリスト教(プロテスタント)や浄土真宗では「御霊前」という言葉は用いません。

もしも、宗派が不明な場合は、「御香典」という言葉を用いるほうが良いでしょう。ここからは宗派ごとの記載方法についてご紹介します。

仏式の書き方

香典袋に記載する文言(表書きと言います)は「御霊前」「御香典」「御香料」などと記載します。ただし、浄土真宗の場合は、少し異なっていて「御仏前」を用います。

(ちなみにこの「御仏前」という言葉は、浄土真宗ではない宗派は四九日後に使用されます。)

神式の書き方

表書きの一般的なものは、「御玉串料」「御霊前」「御神前」の言葉を用います。

キリスト教式の書き方

キリスト教式の場合は、宗派を問わず、「献花料」「御花料」となります。

名前の記載方法は?

水引の下に記載する名前は、フルネームとなります。もしも、肩書きを付ける場合は氏名の右上に小さ目に書きます。

もし、2名以上の連名にする場合は、横に並べて記載します。目上の方が右になるように記載します(この場合は、山田さんが目上となります)。

4名以上の場合は、1名のみの代表者の名前真ん中に記載します。そして、その左下に小さく「外一同」と記載します。必要があれば、中袋の方に、全員の氏名を書いたもの入れてもよいでしょう。(住所と金額を記載する場合もあります)

中袋の書き方は?

紙幣を入れる中袋はですが、以下の図のように表側の中央に、金額を漢数字で書きます。裏側は、住所と氏名を記載します。

金額の記載方法は、旧字体の漢数字を使用します。ただし、最近では略式も用いられるようになりました。

旧字体をご紹介しますと、壱(一)、弐(二)、参(三)、阡(千)、萬(万)となります。「金五千円」は、「金五阡円」です。

金額の相場はいくら?

知っておきたいのは、避ける数字です。死や苦をイメージする「四や九」は避けましょう。

相場ですが、大きく2つの要素で考えます。1つは自分の年齢、2つ目は故人との関係です。

以下の相場をご紹介します。地域や関係性などによって異なる事も多いので、一つの参考程度にご覧ください。

故人が職場関係の場合(年齢は自分の年齢)

故人 20代 30代 40代~
職場の先輩 五千円 五千円~一万円 一万円
先輩の家族 三千円 五千円 五千円~一万円
同僚・後輩 五千円 五千円~一万円 一万円~
同僚・後輩の家族 三千円 五千円 五千円~一万円

友人・知人・近所などの場合

故人 20代 30代 40代~
友人・友人家族 五千円 五千円 五千円
知人・近所 三千円 五千円 五千円

親族の場合

喪主であれば、香典は必要無い場合が多いです。

故人 20代 30代 40代
祖父母 一万円 一万円~ 一万円~
五万~十万円 五万~十万円 五万~十万円
兄弟・姉妹 三万円~ 五万円 五万円~
おじ・おば 一万円 一万円 一万円
いとこやその他の親戚 五千円~ 五千円~ 一万円

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする