法人税の税率は?計算方法や実効税率についてご紹介!

法人税の税率について便利情報をまとめました!また、法人税の計算方法や実効税率についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




法人税とは?

法人税は、法人の所得金額などにかかってくる税金で、所得得税の一種です。法人税は、各事業年度の所得と、各連結事業年度の連結所得にもかかります。また退職年金等積立金に対する法人税というものもあります。

所得税の税率は?

法人税の税率ですが、区分(資本金)や、課税対象所得の金額によって、税率が変わります。

また、年度によって改正も行われるため、現在の税率を知りたい場合は最新の情報を確認したほうが良いでしょう。

平成27年4月1日以降に開始する事業年度区分の法人税は、普通法人や人格のない社団などに対する法人税の税率が23.9%に引き下げられています。

また、中小企業者等の法人税率は、年800万円以下の部分は、「15%」、年800万円超の部分については、「23.9%」です。

中小企業者等の法人税の「中小企業者」には定義が有り、「普通法人のうち、各事業年度終了の時において資本金の額もしくは、出資金の額が1億円以下であるもの、または、資本もしくは出資を有しないもの」と定められています。

詳細については、国税庁の以下のページも参考にしてください。

・法人税

https://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/houjin.htm

実効税率とは?

法人税には、大きく分けて、「表面税率」と「実効税率」という考え方があります。

それぞれ見ていくと、「表面税率」とは、「自分が申告したり納税したりする場合の税率」で、「実効税率」とは、「実質的な負担の税率や節税効果を試算するための税率」を差します。2つある理由としては、法人税は、今年度の税の支払いは、今年度の損金に入れることが出来る為、表面税率よりも、実際に支払う税率が異なる為、実際に支払う税率を「実効税率」と呼んでいます。

詳細については、知識を持った税理士や会計士に確認する方が良いでしょう。もし、専門家に確認せずに、自分たちで税率の計算をしたいけれど、不明点があるという場合は、直接国税庁に相談に行くことも可能です。

国税に関する相談をする場合の流れについては、以下のページに記載が有りますのでご確認ください。

・国税に関するご相談について

https://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする