ご祝儀袋の入れ方や金額の書き方は?見本でチェック!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




ご祝儀袋の金額などの書き方は?

ご祝儀袋ですが、大きく分けて「外包み」と「中包み」に分かれています。

「外包み」は、豪華な一番外側の包みで、水引や短冊が付いています。

この「外包み」自体には何も記載しません。短冊にのみ記載します。

短冊には「御祝」「寿」などの文字が書いてあります。(書いてなければ自分で書いても問題ありません。)

そして、その文字の下に水引が重なります。その下に、フルネームを記載すればOKです。

連名で2名の場合は、2名分の名前を横に並べて書きます。

4名以上の場合は、代表者の名前を一名記載し、(他 家族一同)などと記載をします。

中包みの書き方・お金の入れ方は?

「中包み」は、お札を入れておく包みです。一般的にご祝儀袋を購入すると一緒についてきます。

ここには、表に「金額」を記載して、裏に「住所・氏名」を記載します。

金額は、「金三万円」と記載しても良いですし、旧字体の漢数字で記載しても良いです。

旧字体の場合は、壱(一)、弐(二)、参(三)、阡(千)、萬(万)となります。

お金の入れ方ですが、中包みの表面を前に置いて、「お札の表(肖像画の面)」が上に来るように入れます。

また、ご祝儀袋に入れるお札は「新札」を用意してくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする