36協定の記入例や書式は?特別条項についてもご紹介!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




36協定とは?

最近では、過労死の問題やコンプライアンスなどが叫ばれる中、36協定(さぶろくきょうてい)を遵守することが会社として求められています。

36協定という言葉は聞いたことがあるけれど、実際にそれが何なのか知らない方も多いかと思いますので、こちらでご紹介していきましょう。

まず、36協定というのは、何についての取り決めかというと、「法律で定められた労働時間を超えて労働をする場合、また休日に労働する場合に締結する協定の事」です。

理想は法律で定められた労働時間なのですが、状況によっては残業や休日出勤などが出てくる事も有るでしょう。そのような場合にこの36協定を締結することになります。締結した書類は、管轄の労働基準監督署長に届け出を出します。

なぜ36協定と呼ぶのか?という所ですが、労働時間については、「労働基準法の第36条に規定されている」んです。その為、通称「36協定」と呼びます。

では法律で決められた労働時間の基準とは?という疑問がわいてくるかと思います。

労働基準法で定められている労働時間は、

  • 1日8時間
  • 1週間で40時間

です。

これを超過する場合は、36協定に則った締結をし、労働基準監督署に届け出をだす事になります。とはいっても、手続きを踏めばいくらでも働いてよいというわけではなく、36協定として、超過できる労働時間に限度があります。36協定の内容は、この基準(限度内)にしなければなりません。

時間外労働の限度の基準についての詳細は、以下から確認することが出来ます。細かいので、しっかりとチェックしておきましょう。

・厚生労働省 時間外労働の限度に関する基準

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/roudouzikan/040324-4.html

書式や記入例について

36協定関連の書式は、業種別などは無く、業界問わず同じ書式を利用します。ただし、種類は3種類ありますので、自分の職場状況に合致するものを選ぶようにしましょう。

それぞれの書式のリンクを掲載いたしました。このURLをクリックすると、「e-Gov(いーがぶ)」という、政府の電子申請サイトに飛びます。様式のダウンロードや説明も掲載されています。

特別条項や記入例について

時間外労働の中でも、臨時的に限度時間を超えて時間外労働を行わなければならない場合もあるかと思います。その場合は「特別条項付き36協定」を結ぶことで、限度時間を超える時間を延長時間とすることができるとされています。

特別条項の詳細については、厚生労働省の「特別条項付き36協定の締結に当たっての留意点」を確認する様にして下さい。

・特別条項付き36協定の締結に当たっての留意点

http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/jirei_toukei/pamphlet_leaflet/roudoujikan_kyujitsu_kyuka/_83690.html

特別条項付きの記入例は以下の記入例の中に盛り込まれています。ご参考にどうぞ。

・36協定届の記入例 – 東京労働局

http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0145/3501/201417145916.pdf

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする